メインイメージ画像

購入が前提になるかならないかが買取と下取りの違いです

使い捨ての時代において、私たちが物を売却する方法はいろいろあります。1つは買取ですが、下取りもその1つに当てはまります。その2つはよく混同されるのですが、少し異なる方法になるのです。下取りという方法は購入を前提とした売却になります。例えばあるお店で品物が販売されており、来店客がその店舗の品物に対して興味を抱いたとします。そのような場合、来店客は商品を購入する場合がよくあるのです。



しかしお客様は、すでにそのお店で別の品物を購入している場合もあります。いま仮にその商品をAとします。そして現在買うことを考えている商品をBとします。その時、その来店客はAという製品の売却手続きを行うのです。と同時に、Bの品物の購入手続きも行うことになります。つまり新たな品物を購入すると同時に、持っていた品物を売ることになる訳です。



自動車などでは、こういうケースがよくあります。それに対して買取などの場合は、もう少しシンプルな方法になるのです。買取の場合は、必ずしも新しい品物を購入するなどとは限らないからです。あくまでも品物の売却手続きだけを行い、Aを売るだけなのです。Bのような商品を購入することはないのです。要するに新たに購入が前提になるかそうでないかが、その2つの売却方法の主な違いになります。

また多くの人は、その2つの方法を比較しています。

金額を高くしたい方は、下取りではなく買取という方法を選んでいることが多いのです。それは買取の場合は、下取りに比べて売却金額が高めになることが多いからです。しかし、下取りの場合は、手間に関するメリットがあります。1つのお店の中だけで全ての手続きが完了しますので、それほど手間がかからないことが多いのです。つまり金額の高さを重視するならば買取の方がよく、手間を抑えて売却の手続きをしたいと考えるのであれば、下取りの方がいい方法になります。

更新情報